2014年11月16日

おきなわマラソン、5つの魅力 エントリー受付中!

沖縄の魅力がたっぷりの「第23回2015おきなわマラソン」が2015年2月15日に開催されます。大会エントリーは、ただ今受付中(2014年12月10日水曜日〆切)です!

 今大会はファッション、ビューティー、メディア業界の女性ランナーによる企画集団「RunGirl (ランガール)」が大会をサポート。女性にうれしい設備も充実しています。快適なラン旅で沖縄を満喫しに行きませんか。

おきなわマラソンの魅力5つ
1)沖縄ならではのコース設定
 おきなわマラソンのコースは本島中部の市街地が中心。世界遺産の勝連城跡の横を通り、嘉手納基地の中を走れるなど、全42.195キロの間にさまざまな文化・環境に触れられるコースです。

2)沿道に黒糖や沖縄そば! 充実のエイドステーション
 過酷なフルマラソンで、完走するための力になるのが沿道の応援やエイドステーションでの補給です。途切れることのないコース上の応援や、黒糖やそば、牛丼といったバリエーション豊かな私設エイドが多いのもおきなわマラソンの特徴です。

3)グルメ満喫! 「ちゅーぶクワッチーフェスタ」
 大会の発着点である沖縄県総合運動公園では、グルメイベント「第2回ちゅーぶクワッチーフェスタ」も開催されています。前回大会では沖縄そばやアイスなどの地元の人気店が出店。今年はどんなグルメを味わえる? 地元の食べ物を満喫しましょう。

4)ランガールも喜ぶ快適環境
 ファッション、ビューティー、メディア業界の女性ランナーによる企画集団「RunGirl」が大会をサポート。快適な更衣室、女性専用のトイレやラン前後のリラックスブースなどを用意し、女性にうれしい運営を目指します! ラン後にはステージでのイベントも実施予定です。

5)ラクラク参加の大会ツアー設定
 日本旅行の「女性による女性のための旅」を提案する「たびーら」と「RunGirl」がコラボして、おきなわマラソンランナーズツアーを企画。こだわりの朝食ボックスやコスメのプレゼント、「RunGirl」プロデュースの専用パウダールームの完備、大会会場までの無料バスをご用意するなど、女性にうれしいサービスが盛りだくさんで、旅ランがより快適に!(おきなわマラソンランナーズツアー詳細→http://www.nta.co.jp/tavira/hobby/rungirl-okinawa/

大会概要
・名称  第23回2015おきなわマラソン

・開催日 2015年2月15日(日) ※雨天決行

・会場・コース 沖縄県総合運動公園 ※日本陸上競技連盟公認コース

・種目  フルマラソン 午前9時スタート(制限時間6時間半)
     高校・一般10キロ 午前9時40分スタート

・参加料 フルマラソン(一般) 4500円
     一般10キロ 2700円

・参加申し込み期間:現在受付中 2014年12月10日(水)まで

・関連情報 おきなわマラソン公式サイト
      http://www.okinawa-marathon.com/index.html

      おきなわマラソンに行こう!(RunGirl)
      http://rungirl.jp/pickup/okinawa1411/

※大会コース、参加条件などの詳細は公式サイトをご覧ください。

・問い合わせ先
     おきなわマラソン実行委員会 事務局
     〒904 -0031 沖縄県市上地 沖縄県市上地 2-17 -14 (中部広域市町村圏事務組合内)
     電話 (098)930-0088
http://dosports.yahoo.co.jp/column/detail/201411110002-spnavido
***********************************************************
おきなわマラソンも出場するのは大変なのでしょうか?フルマラソンで4500円だと参加しやすい料金ですが、とはいっても沖縄に行くのが大変ですね。
posted by marathon2015 at 15:54| 沖縄県 マラソン大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月09日

与那国島1周マラソン 498人完走

25`村松(与那国)が7度目のV 女子は斉藤(静岡)初優
【与那国】「国境の島を走る」をテーマに第22回日本最西端与那国島一周マラソン大会(与那国町主催)が8日、与那国中学校グラウンドを発着点に25`、10`の二つコースで行われた。25`男子は村松稔(37)=与那国町=が1時間36分44秒で2年連続7度目の優勝。同女子は齋藤明日佳(34)=静岡県=が1時間54分40秒で初優勝。10`男子は田島魁人(17)=石垣市=が35分17秒、同女子は守屋政江(43)=石垣市=が48分42秒で、ともに初優勝を飾った。

 大会には過去最多の628人が出場し、498人が完走した。完走率は79・30%だった。開会式で大会実行委員長の外間守吉町長は「今大会は昨年を100人近く上回る過去最多のランナーが参加した。島のロケーションだけでなく、地域住民との触れ合いも楽しみ、与那国島を満喫して下さい」とあいさつ。

 北海道から友人同士で参加した太田葉子さんと三浦栄子さんが「島の美しい自然を満喫しながら、最後まで楽しく走りたい」と選手宣誓。

 午後1時の号砲を合図に25`、午後1時30分に最西端の西崎灯台を10`の部がそれぞれスタートした。

 25`は序盤から村松を含む4、5人が先頭集団を形成してレースを引っ張り、10`付近で飛び出した村松が一気にスピードを上げ、後続を振り切った。

 同女子は、初出場の齋藤が安定した走りで男子に交じってレースを展開。危なげなく1位でゴールした。

 10`は、八重高駅伝部の田島魁人が持ち前の力強い走りで独走。同女子は5回目出場の守屋政江が力みのない走りで初優勝に輝いた。

 この日与那国島地方は午後1時59分に最高気温が28・7度を記録。厳しいコンディションの中、ランナーたちは与那国の美しい自然景観を楽しみながらゴールを目指した。

 沿道では、地域住民がパーランクーを打ち鳴らして盛んな声援。エイドステーションではボランティアがドリンクやバナナなどを手渡し、ランナーの背を後押しした。

 大会終了後は、与那国中体育館で「ふれあいパーティー」があり、祖納青年会による棒術や長間孝雄さんの島唄ライブなどで盛り上がった。
http://www.y-mainichi.co.jp/news/26190/
************************************************************
日本中どこでもマラソン大会が行われているようですね。その中で最西端を売り物にするとはなかなかです。
posted by marathon2015 at 22:56| 沖縄県 マラソン大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。