2014年11月11日

声援・風景励みに力走…福岡マラソン

福岡、糸島両市を舞台に行われた9日の「福岡マラソン2014」。沿道の声援と美しい景色を励みに、1万人を超えるランナーが力走した。フルマラソン(42.195キロ)の1位は男子が庄子哲也さん(2時間27分57秒、福岡陸協)、女子は花田まりさん(2時間53分23秒、大濠ランナーズ)。車いす競技は男子が渡辺勝さん、女子が藤井紗也加さん(ともに福岡)が1位となった。

初挑戦「楽しかった」

 今大会参加者の約3割が初めてのマラソン。5時間台で完走した福岡市早良区、会社員中野翔太さん(27)は「天神を走って、めっちゃ気持ちよかった。街をあげての“祭り”を経験できて良かった」と満足そうだった。

 関西から転勤で同市に赴いているという会社員平尾浩之さん(40)は6時間台でゴール。長い旅路となったが、「楽しかった」と笑顔を見せ、「糸島を中心に、初めて見る景色を楽しむことができた」と話した。

車いす、ファンランも

 大会には車いす競技、ファンラン(いずれも5.2キロ)もあり、計約2000人が出場。車いす競技男子の1位に輝いた福岡市中央区の渡辺さんは、同日の大分国際車いすマラソン大会を欠場し、地元初開催の福岡マラソンを選んだ。「多くの人が沿道から応援してくれたので楽しく走れた。ヤフオクドームなど景色も楽しめた」と話した。

 順位を決めず、楽しく走るファンランに友人と出場した同区の会社員藤松幸子さん(34)は、「見慣れた風景もコースからでは違う。貴重な体験。来年も楽しみです」と声を弾ませた。

心込めたおもてなし

 ゴール地点の糸島市役所志摩庁舎近くには「おもてなしエリア」が設けられた。同市の飲食店や団体など約70店が出店し、選手らを歓迎。冬の味覚として人気が高い焼きガキや、糸島産の野菜を使った豚汁などが無料で振る舞われた。

 糸島漁協の焼きガキを食べた大阪府箕面市、会社員柴田一利さん(58)は「糸島のカキ小屋に行く機会がなかったので、食べられてうれしい」と舌鼓を打った。ミカンなどを提供した市内の直売所「福ふくの里」の社長吉田茂雄さん(65)は「これをきっかけに糸島のおいしい食材を知ってもらい、リピーターになってもらえれば」と話していた。
http://www.yomiuri.co.jp/running/news/20141111-OYT8T50009.html?cx_text=08&from=ytop_os_txt2
************************************************************
>今大会参加者の約3割が初めてのマラソン
今はマラソンブームなのでしょうか?
posted by marathon2015 at 11:27| 福岡県 マラソン大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

声援・風景励みに力走…福岡マラソン

福岡、糸島両市を舞台に行われた9日の「福岡マラソン2014」。沿道の声援と美しい景色を励みに、1万人を超えるランナーが力走した。フルマラソン(42.195キロ)の1位は男子が庄子哲也さん(2時間27分57秒、福岡陸協)、女子は花田まりさん(2時間53分23秒、大濠ランナーズ)。車いす競技は男子が渡辺勝さん、女子が藤井紗也加さん(ともに福岡)が1位となった。

初挑戦「楽しかった」

 今大会参加者の約3割が初めてのマラソン。5時間台で完走した福岡市早良区、会社員中野翔太さん(27)は「天神を走って、めっちゃ気持ちよかった。街をあげての“祭り”を経験できて良かった」と満足そうだった。

 関西から転勤で同市に赴いているという会社員平尾浩之さん(40)は6時間台でゴール。長い旅路となったが、「楽しかった」と笑顔を見せ、「糸島を中心に、初めて見る景色を楽しむことができた」と話した。

車いす、ファンランも

 大会には車いす競技、ファンラン(いずれも5.2キロ)もあり、計約2000人が出場。車いす競技男子の1位に輝いた福岡市中央区の渡辺さんは、同日の大分国際車いすマラソン大会を欠場し、地元初開催の福岡マラソンを選んだ。「多くの人が沿道から応援してくれたので楽しく走れた。ヤフオクドームなど景色も楽しめた」と話した。

 順位を決めず、楽しく走るファンランに友人と出場した同区の会社員藤松幸子さん(34)は、「見慣れた風景もコースからでは違う。貴重な体験。来年も楽しみです」と声を弾ませた。

心込めたおもてなし

 ゴール地点の糸島市役所志摩庁舎近くには「おもてなしエリア」が設けられた。同市の飲食店や団体など約70店が出店し、選手らを歓迎。冬の味覚として人気が高い焼きガキや、糸島産の野菜を使った豚汁などが無料で振る舞われた。

 糸島漁協の焼きガキを食べた大阪府箕面市、会社員柴田一利さん(58)は「糸島のカキ小屋に行く機会がなかったので、食べられてうれしい」と舌鼓を打った。ミカンなどを提供した市内の直売所「福ふくの里」の社長吉田茂雄さん(65)は「これをきっかけに糸島のおいしい食材を知ってもらい、リピーターになってもらえれば」と話していた。
http://www.yomiuri.co.jp/running/news/20141111-OYT8T50009.html?cx_text=08&from=ytop_os_txt2
************************************************************
>今大会参加者の約3割が初めてのマラソン
今はマラソンブームなのでしょうか?
posted by marathon2015 at 11:26| 福岡県 マラソン大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。