2014年11月11日

横浜国際女子マラソン消滅 財政難で11月開催の36回目で幕

横浜国際女子マラソンが11月16日に実施される大会を最後に終了することが22日、関係者の話で分かった。

 日本陸上競技連盟とともに主催する朝日新聞社などが大会の財政難を理由に継続を断念したという。日本女子繁栄の礎を築いた前身の東京国際女子マラソンを含めると通算36回目となるレースを最後に歴史の幕を下ろす。来年以降は他の都市で新設のマラソン大会を開く方向で日本陸連などが調整している。

 国際陸上競技連盟が公認する初の女子マラソンとして79年に誕生した東京国際は女子選手の参加を促し、84年ロサンゼルス五輪での正式種目採用にもつなげたとされる。日本勢が92年バルセロナ五輪から4大会連続でメダルを獲得する下地をつくり、09年からは舞台を横浜に移したが、近年は日本選手の低迷もあってスポンサー収入に苦しむようになっていたという。
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2014/10/23/kiji/K20141023009152250.html
************************************************************
ええっというようなニュースですね。市民マラソンがブームのようなのに、伝統のあるマラソン大会が消滅するとはびっくりです。
posted by marathon2015 at 12:29| 神奈川県 マラソン大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月04日

湘南国際マラソンに2万4000人 潮風浴び力走

二宮から藤沢間の海沿いを走る第9回湘南国際マラソンが3日、開かれた。従来の地元枠のほか、今年は初めて「地方優先枠」を設置。北海道から沖縄まで全国から訪れたランナー2万3942人が、秋晴れの下、湘南の潮風を受けながら力走した。

 フルマラソンは、西湘バイパス大磯西インターチェンジ(IC)をスタートし国道134号を藤沢方面へ。江の島入り口交差点で折り返した後、西湘二宮ICでさらに折り返して大磯プリンスホテルへゴールするコース。

 35キロ地点にある大磯港ICの給水所では、ボランティアらが「あと7キロだ」と声を掛けながら水を配り、バイパスに臨む沿道からも「頑張ってー」と歓声が響いた。

 ランナーたちは「日差しはあるけど潮風が気持ちいい」と互いに励まし合いながらゴールを目指していた。【神奈川新聞】
http://www.kanaloco.jp/article/79888/cms_id/109793
************************************************************
この時期のマラソンは暑くなく寒くなく気持ちよさそうですね。ましてや海沿いを走るのは景色もよさそうです。
posted by marathon2015 at 12:11| 神奈川県 マラソン大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。