2014年11月03日

湖畔に響く復興の足音 猪苗代湖ハーフマラソン

福島県を代表する観光地猪苗代湖周辺で健脚を競う「猪苗代湖ハーフマラソン2014」は2日、猪苗代町の町総合体育館(カメリーナ)をスタート、ゴールとする日本陸連公認コースで開かれ、2617人が力走した。
 福島陸上競技協会、福島民報社、福島民友新聞社、猪苗代町でつくる実行委員会の主催、ゼビオの特別協賛。
 東日本大震災と東京電力福島第一原発事故からの本県復興を後押ししようと、平成23年から開かれ、今回で4回目。男女年齢別で21.0975キロを走るハーフ10部門と、男女の10キロ、中学男女、親子の計15部門が行われた。
 今大会は、来年2月の東京マラソンの「RUN as ONE−TokyoMarathon2015(準エリートの部)」の提携大会となり、ハーフ部門出場者から基準をクリアした男女に抽選で約20人に東京マラソンの出場権が与えられた。
 沿道には多くの町民が訪れ、大きな声援を送った。
http://www.minpo.jp/news/detail/2014110319018
************************************************************
>抽選で約20人に東京マラソンの出場権
これを目当てに参加する人も結構いたかもしれませんね、
posted by marathon2015 at 12:59| 福島県 マラソン大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。