2014年11月19日

寒風に負けず、たすきつなぎ マラソン走破 北見で大会に18チーム

【北見】フルマラソンの42・195キロを複数のランナーが交代しながら、たすきをつないで走破する「第2回北見リレーマラソン」が16日、冬空の下、北見市の東陵運動公園陸上競技場で行われ、帯広市の「チーム0155」が2時間27分37秒で初優勝した。

 マラソンの魅力をアピールしようと、北見などのマラソン愛好家でつくる実行委が主催。北見や釧路、帯広など道東各地の18チーム、105人が出場した。

 この日の北見の最高気温は平年より1・5度低い5・6度。1チーム3〜10人のメンバーのうち、第1走者は2・195キロ、第2走者以降は各2キロを複数回走った。「あと1周」「頑張れ」などの声援が飛び交う中、各チームはタイムを競ったり、思い思いのペースで完走を目指したりした。

 優勝したチーム0155は10代から40代の6人でたすきをつなぎ、昨年の大会記録を10分近く更新する快走を見せた。メンバーの1人で音更高3年の広川和輝さん(17)は「天気も良く絶好調だった」と爽快な表情で話した。
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/chiiki3/574919.html
************************************************************
リレーマラソンというのがあるんですね。他の地区でも行われているんでしょうか。
posted by marathon2015 at 16:05| 北海道 マラソン大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月02日

フードバレーとかちマラソン 力走4500人

【帯広】2014フードバレーとかちマラソン(実行委主催、十勝毎日新聞社など共催)が2日午前、帯広市内で開かれ、管内外から集まった参加者が秋が深まる市街地を駆け抜けた。3回目を迎える今大会には、ハーフ(21.0975キロ)、5キロ、2.5キロの各部門に、全国から過去最多の計4970人がエントリーし、約4500人が出走した。ハーフ男子は福島弦太さん(30)=帯広=、同女子は浅沼志保さん(41)=釧路=がそれぞれ2連覇を達成した。

約4500人が帯広の市街地を駆け抜けたフードバレーマラソン(西2南8)
 スタート時点の帯広の気温は9.3度と肌寒く、時折小雨が降る、あいにくの空模様となった。出走者数は4341個人と親子。ハーフ部門は、午前9時の号砲で藤丸前をスタートし、白樺通を西に向かい、西帯広、折り返し地点の帯広の森運動公園を通って、ゴールの中央公園を目指した。


ハーフ女子で優勝した浅沼さん(中央)
 5キロは同9時15分、2.5キロは同9時25分にそれぞれスタート。自己ベストを目指す人、応援のため沿道に詰め掛けた市民と触れ合いながら走る人など、思い思いのペースで大会を楽しんだ。

 ゲストランナーには、東京国際女子マラソン、パリマラソンなどで優勝経験のある谷川真理さんが登場。スタート前にはランナーに「最後まで自分に挑戦して」とエールを送り、沿道の応援に笑顔で応えながら走っていた。

 大会は帯広市開拓130年・市制施行80年を記念し、12年に始まった。エントリー数は昨年を878人上回った。


ハーフ男子を制した福島さん
■また記録狙いたい 男子連覇の福島
 終わってみれば、2位に4分12秒差をつけての圧勝だった。

 ハーフマラソン男子の前回覇者、福島弦太は後ろを一度も振り向くことがなかった。序盤から独走態勢を固めると、あとは記録との戦いだった。

 自己ベストでもある大会記録(昨年の1時間8分5秒)の更新を確信しながら、腰のあたりで右手の拳を軽く握り締めてゴールテープを切った。

 負けられなかった。本来なら陸上自衛隊第4普通科連隊(帯広)チームの主力として、この日開催の南北海道駅伝(渡島管内福島町)に出場するはずだった。しかし、連覇が懸かっていた今大会も重要だった。長い距離を意識して8月から毎日30キロ以上走り込んできた。特別に許可をもらった部隊から、「2連覇してこい」とハッパをかけられていた。

 気温は9度前後。「絶好のコンディション」。気持ちも入っていた。そのせいか序盤はオーバーペース気味。

 しかしこれが功を奏した。3キロ付近、白樺16条あたりで追走の選手が離れたのが分かった。「ここからは去年の自分との闘い」。8キロ付近で父勉さん、母久美子さん、祖母一子さんの声援が聞こえた。応援する同僚の姿も大きな励みとなった。スパートする必要はなかったが、力の限りの走りを貫いた。

 帯広生まれ。白樺学園高時代は高校総体出場経験がないが、20代で力を伸ばし続け、30代となった今年も「まだ伸びている実感がある」と言い切る。今季のビッグレースはこれで終わりだが、「3連覇? そうですね。また記録を狙いたい」と次回に向け意欲を見せた。
http://www.tokachi.co.jp/news/201411/20141102-0019596.php
************************************************************
>4970人がエントリーし、約4500人が出走
一割近くの人がエントリーしたものの出走していないようですね。なぜ?どの大会も同じくらいの比率で出生しない人がいるのでしょうか。
posted by marathon2015 at 21:48| 北海道 マラソン大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。