2014年11月16日

和歌山でハーフマラソン 復興願い3千人健脚競う

和歌山県の新宮市と那智勝浦町を結ぶ自動車専用道路で16日、「天空ハーフマラソン大会」が開かれ、約3千人が健脚を競った。2011年9月の紀伊半島豪雨からの復興を願って12年に始まり、今年は3回目。

 3キロ、10キロ、ハーフマラソンの3部門。コースの一部が高架のため、参加者は眼下に広がる海や町並みを眺めながら、地元の社会人による吹奏楽団の演奏にも励まされ、快走した。マラソンランナーの谷川真理さんがゲストとして10キロを走った。

 兵庫県西宮市の黒田泰史さん(49)は「高低差がありしんどかったが、景色も良くいい天気で楽しかった」と話していた。
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2014/11/16/kiji/K20141116009296290.html
************************************************************
マラソンをはじめたいと思いますが、フルマラソンはまず無理なのでハーフマラソンあたりからチャレンジしてみたいものですね。
posted by marathon2015 at 15:37| 和歌山県 マラソン大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。